日常

人は不安から物を買う。そして、安心する。その安心の正体は。

先日、 大きなニュースが飛び込んできましたね。新型コロナウイルスについて書いた次の日。

まさかの小中高学校休校要請です。しかもいきなり。木曜日夜の発表で週明けの月曜日からです。

先生たちは大変だったでしょうね。。本当にいろいろとありがとうございます。
子どもたちは今のところは長い春休みに突入しています。

子どもがもらってきたお便りの中に先生からの通信がありました。
そこには去年のインフルエンザの事と今回のことが書いてあり、個人個人で考えるよう書いてありました。

テレビのニュースなどに踊らされる事は無いようにしましょうと言うようなことが書かれていました。
ここ数日はトイレットペーパーやティッシュペーパーもスーパーから消えていますね。お米もなかったです。
実際にスーパーに行ってみると本当にきれいに何もない状態。。
ティッシュで残っていたのはキャラクター物のポケットティッシュのみでした。

マスクもアルコール除菌スプレーもビニール手袋もありません。
他にも見てみるとお米やレトルトラーメンなどもほとんどなくなっていました。

先生からのお便り同様、冷静に判断していきたいなと改めて思ったところです。

ところで、トイレットペーパーはマスクと工場も原料も違うのにたくさん買ってしまう人。なくならないよーと言われてるのにも関わらず(現にスーパーからはなくなってますしね)

人は自分ではどうしようもできない不安があると、安心するために日常品を買うそうです。
コロナウイルスという目に見えない不安から、自分でどうにかできること、つまり、今回ならトイレットペーパー。なければ、とても困ります。そのトイレットペーパーという日常品を買うということで、不安を安心に変えてるそうです。

その安心は、「よかった、買えた」っていうものだけでなく、
(自分でどうにかできる)そんな状況をどうにかできた!という安心感。
日常品と言ってもトイレットペーパーやお米は、家に全くなければ困るものです。本当に困る。
どうにもできない問題を自分で解決できる問題にすり替える。

ただ、買い占めは本当に困ります。そんなに買わなくても家にありますよね!?今まではスーパーから消えてなかったんだから。

でも、そういう心理も働くんだな~と今回のことを少し外から見ていたいな、と思いました。
楽観的になるのではなく、常に冷静に判断できるために。

子供はもう長い春休みに突入です。
低学年の子をお持ちのお母さんとか大変だなと本当に思います。

また状況は突然変わるかもしれませんが一つ一つ対応していきたいな。

ABOUT ME
はなおと
妊娠で身体中に湿疹ができたのを機に身体に優しいものをセレクトしています。この湿疹は正常だったと、ずいぶん後に知りました。そんな生活から蜂蜜にたどりつき、ハチミツ・化粧品を取り扱ったショップを開いています☆